ダルマじょうしょうダルマ〜未来に繋げる株式投資〜

ご挨拶| 筆者紹介| Blog| 各種サービスのお申込| 過去のパフォーマンス| 銘柄レポート| FAQ| 掲載すべき事項|

子育てスタート その2

 

 

子育てスタート その1からの続きです

 

家で生活するにあたり、まずは諸々アイテムを揃えないといけません。ミルクと紙おむつをドラッグストアでしかしミルクって案外高いもんなんですね1缶2,3千円しますよく「子供のミルク代を稼がないといけない」とか言いますが、案外本当なんですね・・・正直もっと安いと思っていました

嫁は「母乳が出ればわざわざミルクを買わなくても良いのに・・・」と変に自分を責めたりしていましたが、こればかりは仕方ありませんともあれミルクは今は飲む量が少なくて良いですが、次第に量が増えていきます一缶で今のところは2週間くらい持ちますけれど、そのうち1週間くらいで無くなってしまう計算となると大人の食費と変わらないレベルになりますね

紙おむつも一週間分くらいで千円くらいおかげでドラッグストアのポイントは貯まりまくりですが「ここのドラッグストアは何曜日と何曜日がポイント3倍だけど、本体価格はいつもこちらの方が安いから・・・」などと作戦を立てながらやりくりしていますうーん、父ちゃんしっかり稼がないと

そして改めて見てみると種類も豊富体重に応じて細かく分かれていたりします。株式市場でも「インバウンド需要の爆買いで・・・」などとありましたが、実際にドラッグストアでも「お一人様○点まで」というようなことが中国語で貼られてあったり。今まで自分に関係ない分野でしたが、なるほど、特に紙おむつは店内の結構なスペースを取って在庫も貯め辛いですから、店側も難儀するのでしょうね

ネットで「アレがいい、コレは産婦人科売上No.1」などと色々な口コミがありますが、私は基本ネットの口コミは一切信用しません。無責任なステマが多いですからね。

また、嫁が入院中にも提携している関係で「森○のミルクのご案内にやって参りました」などと売り込みに来ましたけれど、私は向こうから来るセールスは信用しません相手側からやってくる情報は相手にとって都合の良いものしかないですからね。

そんな人間不信(?)な私はミルクに関しては成分をあれこれ見比べながら、おむつに関しては体型に合って漏れが少ないものを確認しながらチョイスしました

 

 

実家に来てからは毎日が戦い(?)の日々ですやはり3時間おきの授乳が一番大変で、夜中も3時間おきに起きないといけないというのが、寝覚めの悪い私と嫁の最も不得手な部分今までの生活のペースがガラリと変わりました

前にも書いたように授乳にすごい時間がかかり、長い場合で1時間くらいかかりますそれだけやっていると赤ちゃんも疲れてしまうだろう、ということなのですが、ともあれ慣れない当人達はそれぞれ必死一日大体8回授乳する計算ですが、授乳だけで最大8時間とられてしまうことになり、つまり一日の1/3を授乳に費やします

しかしこうして考えてみるとシングルマザーは無茶苦茶大変だなと痛感とても働く時間なんてないですし、精神的にも体力的にも経済的にも相当追い詰められると思います書類上のシングルマザーとなる人も居るのでこの辺り見極めが厄介ですが、何とか社会でサポートする仕組みはできないものですかね近所付き合いが希薄化する前の社会なら何とかなりそうですが、都会だとまず無理っぽいですけど

ともあれその間隙を縫って、我々自身の食事やら風呂やら、その他の仕事やら睡眠やら、やることが盛り沢山姉ちゃんはもう少し簡単にこなしていたような気がしますけれど、実はこんなに大変だったとは・・・私ももう少し若ければ、ここまできつくはないのでしょうが

ところで帝王切開の嫁は一ヶ月くらいお風呂禁止ということなので、当面シャワーのみ。そんなシャワーあがりの嫁のお腹を見ると、まだ妊娠しているようにポッテリしています。お腹から出したからといって、途端に引っ込むわけではないんですね。まあ急激な変化は皮膚にも良くないでしょうし、人間の体ってそういうものなんでしょう

 

 

それはそれとして、ここで買って良かったアイテムシリーズのご紹介。まずはニトリのLEDランプ(ホルン)シリコン製のハンドライトなのですが、夜中に授乳で起きた時、手元を程々に照らすことができます本体のどこでも適当に押し込めば点灯し、明るさも押す度に調整できるので便利です価格は2000円程度

実は最初無印良品の「LED持ち運びできるあかり」を嫁が買おうとしていたのですが、値段を見てビックリ7000円近くもするではありませんか正直、この程度のものは高くても3000円が相場だろう、と思ったので、一旦待ったをかけて色々調べました

確かに無印のは全般的におしゃれですが、充電のために一々スタンドに戻さないといけません。また、明るさを調整するのもボタンを押す必要があるようで、その辺りが地味に面倒臭そうニトリのは乾電池ですが、まあLEDなら電池はそんなに簡単に無くならないでしょうし、使うのも大体授乳期間の1年間だけでしょうから、これで十分

ミルクを作る時に必須アイテムはタイガーの「わく子」。まあ似たような瞬間湯沸かし電気ケトルはT-falでも何でも出ていますからどれでも良いとは思いますが

ミルクの用法を見ると「一旦沸騰したお湯を使うこと。一旦70℃以下にまで下がって2時間以上経過したものを絶対使うな」と書いてあります「絶対」というところに怖さを感じますねというわけで、毎回作る前に沸かす必要があります。

ただ一々少量のお湯をチマチマとガスで沸かすのも七面倒くさいので、ここで「わく子」は便利私、こんなに瞬間的に沸くとは知りませんでした世の中便利になっているもんですねー特に夜中なんかは頭がボーっとしているので、変に火を使わなくて済むのが助かります

あとは加湿器を買いました病室に加湿器が据え置かれていて、やはりあった方が良いのかなと。近所のケーズデンキに行って「超音波式」だの「気化式」だの色々タイプの説明を受けましたが、それぞれメリットデメリットがあり甲乙付け難し。店の人に聞いても「好みですから・・・」と明確な回答は得られず、結局中間の「ハイブリッド式」にしました。

逆に買わなくて正解だったなと思うのが、紙おむつ用のゴミ箱で、カードリッジ式になっていて一つ一つの紙おむつを包むタイプのやつ。ウンチなどの臭いを一つ一つシャットアウトできる優れものかも知れませんが、カードリッジの価格が結構するので、我々は普通の蓋付きゴミ箱にしましたけれど、これで十分です余程気になるならウンチの時だけビニール袋に包めば問題ありません

他にもまた色々あるとは思いますが、とりあえずはこんなところです

 

 

そんな感じで出産後は、私の実家でしばらく生活することになったのですが、子供子供で過ぎていく毎日そもそも子供ができたことによる大きな環境の変化と、また住むところの環境の変化、うちの母に対する気苦労などもあったのでしょう。嫁は週に一回くらいの割合で気持ちが大きく沈むようになりましたいわゆる産後鬱の症状

特に嫁を落ち込ませたのが母乳が出ないこと。入院中もそれで苦労していましたが、何とか飲ませようとおっぱいに娘を押しつけるような格好になると、娘も「ギャー」と咳き込む勢いで大声で泣きます何度か繰り返しているうちに渋々おっぱいを吸い始めますが、2、3回ちゅぱちゅぱ吸っても、すぐに止めてしまいます

止めた後は2パターンで、まずは泣き出すパターン泣いてしまうと飲ませるどころではないので、落ち着くまで一旦待ちます

もう一つは寝てしまうパターンその場合は頑張って起こさないといけないのですが、背中をコチョコチョするか、足の裏をギュッと押すのが良いと病院で教わりました。そんなわけで足の裏をギュッと押すと、また泣き顔になって目覚めますそして寝ぼけ眼をまたおっぱいに押しつけるという感じ

こうなってくると時間もかかりますし、終いにゃ娘もある種条件反射的に泣き出す始末娘に嫌われている、という感覚が特に嫁を深く傷つけていました

そんな悪戦苦闘が続いて一週間が経過し、産婦人科での補講と言いますか、病院に途中経過を診せに行く日となりましたそこで娘の体重がどれだけ増えたか計ってみたり、おっぱいの吸わせ方を看護士さんに見せて助言を貰ったり。

結論としては「ミルクの量を40ccに増やしましょう」ということになりました。この時期本当は80ccくらいのミルクを飲んでいても良い時期なのですが、母乳がほとんど出ていないため体重もほとんど増えずに横ばい。むしろこのままではまずいということになりました

授乳の際に寝てしまうのは、眠いというより吸う元気が無いほど体力が落ちている状況なのだそう確かに出産後間もなく撮った写真と見比べてみると頬が細くなっていますそう言われると、余計に母乳が出ないことに対して落ち込んでしまう嫁

ともあれ、また次回一週間後に病院で経過を診せることに。今回一応、多少ミルクの量が増えたので、娘も泣きが多少落ち着き、嫁も肩の荷が少し軽くなったのか元気を取り戻しました

 

 

そんな感じで子育て最初の山も無事越えた・・・と思いきや、二日間も経てばすっかり元通りまだ娘はミルクが物足りない感じでワンワン泣きますし、嫁も母乳が出ないことに対する変な罪悪感を感じてシュンとしています本質的にお腹が減っているので、あやしてもなかなか泣き止む素振りがありません

特に難儀なのがなかなか夜に寝ないこと確実に午前2時までは目がパッチリ開いていますし、部屋を暗くするとすぐに泣き出します抱っこしているととりあえずは泣き止んで、次第に目が細まって白目を剥いたような感じになり、そして眠りに就くのですが、布団の上に置いた途端に泣き出す始末

また泣くにしても「オギャー」と可愛く泣いてくるならまだ良いのかも知れませんけれど「ギャー」と阿鼻叫喚の、外から聞いたらまるで虐待でもしているのではないかと疑われかねないレベルの泣き方をしますそうなると我々も慌ててしまいますし、ようやく落ち着いてもドッと疲れが残りますもう「オギャー」と一言で済ませてくれれば十分伝わるのに・・・

よくNHKの「ダーウィンが来た」なんかを観るのですが、動物の赤ちゃんは大体産まれた瞬間から生存していくために、本能的に敵を回避する機能が備わっている動物が多いですが、何で人間の赤ちゃんはこんなにも無警戒なのか?夜中に「ギャー」なんてわめいたら、敵に見つかるだけだと言うのに・・・

その後ようやく寝ても3時間おきの授乳。嫁が母乳をやると同時に私はミルクを作りに台所へ行き、お湯を沸かして人肌まで冷まし、やり終えたらおむつを替えてほ乳瓶を洗い・・・としていると1時間近く平気でかかりますですから結果2時間くらいしか眠れず、また次の授乳タイムを迎えます

正直、これがこの先1年以上続くのかと思うと気が滅入ります一応、私は自営業ですから、多少の時間の融通は効きます。もしこれで以前いた税理士事務所のようにブラックな労働環境だったら、絶対身体壊しますね

実際、そこの上司の話ですが、やはり奥さんが産後鬱になってしまったのだけれど、自分は仕事があるので全くかまってやることができなかった。幸い子供は中学生まで無事育ったけれど、未だに奥さんに頭が上がらない要因になっている、ということでした。今、その話がよく理解できるようになりました(つづく)

 

 

 

お問い合せ radi.res@gmail.com  北陸財務局長(金商)第23号 Copyright (C) radish-research. All Rights Reserved.