トップ|会ってなに?|会報戦没船写真活動パネル展資料掲示板リンクメール


            戦時標準船 主要項目

第1次戦時標準船 
船 種 船  型 総 d 数 重 量 d 航海速力 主 機 最大馬力 主 要 寸 法
貨物船 1A 6,400 10,425 12.0 RS 3,600  128.0×17.8× 9.8
1B 4,500 7,336 12.3 2,200  112.3×15.8× 9.1
1C 2,700 4,476 11.0 RS 2,000   93.0×13.7× 7.6
1D 1,900 2,850 10.0 RS 1,200   82.3×12.2× 6.2
1E 830 1,320 10.0 750   60.0× 9.5× 5.0
1F 490 771 10.0 600   50.0× 8.4× 4.2
鉱石船 1K 5,300 8,433 10.5 RS 2,400  120.0×16.5× 9.5
油槽船 1TL 10,000 15,600 15.0 8,600  153.0×20.0×11.5
1TM 5,500 7,790 12.5 3,300  120.0×16.3× 9.0
1TS 1,010 1,272 10.0 RS 1,050   80.0× 9.8× 5.0
 注- 航海速力=マイル  主機- RS=レシプロ T=タービン D=ディーゼル
第2次戦時標準船 
船 種 船  型 総 d 数 重 量 d 航海速力 主機 最大馬力 主 要 寸 法
貨物船  2A 6,600 11,200 10.0 T 2,500  128.0×18.2×11.1
2D 2,300 4,000 9.0 T 1,100   85.0×13.4× 7.2
2ERS 870 1,581 7.5 RS 450   60.0× 9.5× 5.45
2ED 870 1,580 7.0 600   50.0× 8.4× 4.2
油槽船 2TL 10,000 16,600 13.0 T 5,000  153.0×20.0×11.5
2TM 2,850 4,722 9.5 T 1,200   93.0×13.8× 7.3
2ET 870 1,618 7.0 420   60.0× 9.5× 5.45
 注- 航海速力=マイル  主機- RS=レシプロ T=タービン D=ディーゼル