最近観た映画     “カサブランカ”

カサブランカ          主演男優ハンフリー・ボガード   女優イングリッド・バーグマン

第2次世界大戦、ナチスドイツはパリを占領し、地下組織で闘う人々を含む、多くのユダヤ人・反ナチ知識人は、アルジェリア・カサブランカを経由してアメリカへ脱出した。しかし、出国許可書は、傀儡ビッシ―政権が握っており、カサブランカでは、傀儡政権が闇の世界にも目を光らし、出国許可証を手にするのは容易ではなかった。人々は、必死で出国許可書を求めた。

 

アメリカ人リチャード・リック(ハンフリード・ボガード)は、陥落直前のパリからカサブランカに脱出、闇の世界にも通じ大きなキャバレーを経営していた。彼には、胸に秘したパリでの失われた恋の思い出があった。ある夜、店に現れたカップルを見て、ピアノのジムはびっくりした。リックのパリでの恋人、イルザではないか。ジムは思い出の曲、「時の過ぎ行くまでに」を弾き、イルザの目には涙が光る。しかし、イルザの横には、抵抗運動の闘士、夫ラズロがいた。

 

再会はリックにとっても、イルザにとっても衝撃だった。今も美しいイルザ。イルザは何故パリを一緒に脱出してくれなかったか、リックの胸は過去の苦い思いでに悩み苦しむ。

 

植民地カサブランカの酒場にも、ドイツに抗するフランス人の愛国心が秘されていた。しかし、権力当局のラズロを捉えろ。ラズロを逃がしてはならないとの弾圧の手は身近に迫ってきた。

 

リックは、今も自分を愛してくれているイルザの気持ちを始めて知った。もうそれだけでよい。リックは、友人ルノー署長と計らって、イルザとラズロをカサブランカから脱出させようと、必死に逃亡劇を展開する、飛行機が離陸しようとしている、ラズロとイルザを乗せた飛行機が飛び立とうとしている時、追いかけてきたナチス将校を、リックは拳銃で撃った。しかしルノー署長は見逃してくれた。リックとルノー署長は、カサブランカからの脱出を期して、霧の中へ消えていく。

 

映画全編を流れる、イルザ(イングリッド・バーグマン)の美しい横顔と、リックの男らしい生き方は忘れられない。実に感動的な映画だ。しかし、この映画の底に流れている美しさは、2人の恋に結晶されている、ナチスに蹂躙された地下抵抗運動の正義と、それを支持する人たちの大きな支持感情があって、この正義の目を通して、人々は真実の感動を味わう。自分はこの映画を観ながら、学生時代に読み、感動した、レマルクの小説「凱旋門」を思い出した。

 

フランスのあの物憂い空気のもとで悲しい恋の物語とナチス・ドイツのユダヤ人迫害、最後に雨に濡れた凱旋門が美しく光っているあのラストシーンの著述は、今も忘れられない。そういえば、こうして書いてて今思い出した。小説「凱旋門」の主人公の名前は、ユダヤ人ラビックだった。リックとよく似ている。きっと2つの物語は、底の方でつながっているのだろう。小説「凱旋門」で感動した興奮こそが、「カサブランカ」にも通じている。そして最後まで、イングリッド・バーグマンのあの美しい横顔は忘れられない。胸に秘した恋を守り、ひとり黙って生きていく男の後姿、やはりいつの時代でもこの男のロマンは素晴らしいものだと思う。

 

アメリカ・ワーナーブラザーズの白黒映画    マイケル・カーチス監督

 
ここをクリックして頂くと表紙に戻れます