4度目のスペインスケッチ旅行

 「スペイン北部を描きたいね」 今回も加納さんの発案でマドリッドより「ピコスデエウロパ=ヨーロッパの頂上」を超えて、大西洋岸サンタンデールにたどり着こうと、2013年5月初旬、日本からドライバー兼通訳兼ガイドの原氏を含め、男女合計8名で、2週間のスケッチ旅行を楽しんだ。

 残雪光る3千mの山奥に、ひっそりと佇むロマネスク教会、ヨーロッパ近代化の夜明けを象徴するレコンキスタを偲びつつ連日快晴にも恵まれ、郷土料理の数々に舌鼓を打ち、会話は常にグローバル。

 念願のアルタミラ洞窟も訪れ、
人類は常に描く喜びを大切にしてきたと再確認。75歳誕生日を間近に、ヨーロッパ旅行もこれが最後になるかもしれないとふと恵まれた我が人生への思いを寄せる。

 中高年男女7名、三脚を立てて大自然に静かに向き会う時、この内容豊なスペインスケッチ旅行の素晴らしさをあらためてかみ締める。



ビナンベルデの修道院廃墟    5/12


レオン近傍カストリーリョ・デ・バルバケレスの町路地の石造り民家    5/12


スペイン北部ピアスカの山村にあるロマネスク・サンタ・マリア教会   5/15


スペイン北部ピコス・デ・エウロッパ・ホーテスの辺鄙な山村を牧場より描く   5/13


サンタンデールのヨットハーバ 5.16


バスクベレー帽にてスケッチ 5.16


中部空港へ帰着した7人メンバー    5.20

ここをクリックして頂くと表紙に戻れます。前回のスペイン旅行記もどうぞ。