世界ふれあい街歩き「フィレンツェ」 6・4(日) BS2
視点がいい。自分が実際に街を歩いていて、街角で話しかけるカメラの視線。事実市民の目も、カメラを見る目ではなく、街をぶらりと歩く観光客を見つめる目だからすごい。話かける言葉に対する答えかたが、また自然でいい。兎に角自然な散歩気分で街をぶらり出来る。ドゥオーモの頂上に登っていく階段ですれ違う人の身体の交わし方はカメラをよけるのではなく、人をよける仕草、見事。ウフィツィ美術館で見る、メディチ家のコレクション、ボティチェリの部屋は圧巻。最後にミケランジェロ広場に上って市内を見渡す。もうフィレンツェの街を充分に歩いた気分そのものとなる。

 

ここをクリックすると表紙に戻れます