次男夫婦と行くシチリア島

成田空港→ローマ空港→シチリア・カターニャ空港

成田で預けた荷物、カターニャで出てこない。結局、4時間後の次便で到着。ヤレヤレホッとする。カターニャホテル出発の朝、息子の出したクレジットカード(SONY FAMILY CARD)を見て、ホテルフロント曰く、「ソニーの方ですか。ソニーの製品は素晴らしいですね」とにっこり笑う。



カターニャ→タオルミーナ(2連泊)

青く輝くイオニア海岸とエトナ火山を遠景に風光明媚なシチリア随一の保養地 タオルミーナ。世界中の人たちの憧れのリゾート。2泊共に素晴らしい快晴に恵まれる。高台にあるホテルの庭からは、海岸線が美しく見える。エトナ火山の噴煙が遠くたなびく。美しき夜景を楽しみながらニューヨークから来たという夫婦とすっかり意気投合。イタリア名所は何処か、順に挙げあう。「コモ湖、カブリ島、アマルフィ海岸、ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレそしてタオルミーナ」。お互いの意見は完全一致 



タオルミーナ→カターニャ→ラグーザ(2連泊)

渓谷を間に、1693年大地震を契機にバロック建築の2つの町並みが対面する。2002年世界遺産。狭い町並みには両側から中世の建物がせまり、坂の上からは、イブラの町の美しさに中世を忍ぶ。宿泊したホテルオーナから自宅を描いてくれと頼まれ、御礼にと地元自慢の焼きたてパンを土産に貰う。



ラグーザ→カタニャ→アグリジェント(2連泊)

ホテルの庭からも古代ギリシャ神殿が眺望できる。海から吹き上げてくる風は気持ちよい。シチリアのハイライト 世界遺産だ。我々の到着と同時に曇天は突然 快晴に変わり、太陽が照りつける。翌朝8時 ホテルを抜け出し、観光客が押しかける前の2時間 静寂の神殿で一人こつこつとスケッチする。ギリシャ遺跡と一人で向き合う感動は何とも言えない。



アグリジェント→パレルモ(2連泊)

シチリアの本質は”光・文化・美”。シチリアは豊かな古代文化の混ざり合い。フェニキア人、ギリシャ人、アラビア人、ノルマン人、シュヴァーベン人、スペイン人、そしてフランス人。全ての民族から習慣や技術を収得し、シチリア・パレルモを情熱的な町に盛り上げている。パレルモでも随分多くのスケッチを楽しんだ。




パルモラ空港→ローマ空港→成田空港

帰りは1席の空席もないアリタリア航空。往路はエコノミー最前列で、足を伸ばして眠ることも出来たが、帰路は狭い席内に拘束され何度も目を覚ます。71歳旅行好き中高年ヨーロッパ旅行、12時間の機内緊迫拘束は決して楽ではない。



ここをクリックして頂くと 表紙に戻れます