NINJA TOOLS
泳ぐ鶏--(斉藤結子)--
カウンタ
このサイトの文章・画像はすべて斉藤結子のオリジナルであり、著作権は斉藤結子に帰属します。
無断転載及び無断二次利用を禁じます。
「マンガ・イラストレッスン」へ
「yuko'sプロフィール」へ
「お問い合わせ」へ
「トッカータ物語」へ
「トッカータ物語」登場人物へ
「イラストギャラリー」へ
「生きている夢」へ
「不能の手紙」へ
「カプチーノ カフチーノ」へ
「サイレント・ベイビー」へ
「お姉さまコワイ」へ
「クロゼット閑話」へ
「ミランダ・パラダイス」へ
「京香さまの秘密」へ
「あ〜と余録総集編」へ
2016年12月03日(土)肩紐
あるクリスマスパーティで演奏してきた。
いろいろな人の縁で、こうして演奏させてもらえるのは幸せだと思った。
本番前に舞台裏で待機している時に、ドレスの右肩紐が切れているのに気付いた。
エンパイア型のドレスだけど背中で紐を締め上げる形なので、肩紐が無くてもドレスが落ちることはないけど、気になるので何とかしたい。でも、ドレスを脱いで左肩紐を外す時間もない。
左右がアンバランスになってしまうけど、長袖のフサフサしたボレロを着ているので、弾いて右腕を動かしていればお客さんには気づかれないかもしれない。
本番でドレスにトラブルがあったときのために、会場に行くときはそこそこステキなワンピースを着て行くようにしている。
万一、ドレスが着られなくなったときに、ワンピースを衣装代わりにするためだけど、今回はそこまでの事態にならなくてよかった。

2016年12月02日(金)カジノ合法化
いよいよカジノ合法化か。
私はギャンブルはしないし、ギャンブルをする人とはかかわりたくない。
人はお金に困ると、迷惑をかけたくない大切な人ではなく、その次の枠の知人にお金を借りようとするので、そういうトラブルに巻き込まれたくないからだ。
ただ、ギャンブルというのは、カジノやパチンコなど、プレイの種類で決まるのではなく、それをギャンブルにしてしまうかどうかの問題だと思う。
だから、競馬、競輪、競艇も、完全にスポーツ観戦として最低限の金額で入場するのは、ギャンブルではないけど、これから道で出会う人が男か女かでお金を賭ければそれはギャンブルになる。
株やFXも、資産運用として行うのと、ギャンブルにしてしまうのでは大違いだ。
ギャンブルで勝つことがほぼ無理と言われる所以は、負けて懲りるまでやめられなくなるからだ。
カジノもギャンブル依存症の問題が心配されているけど、それはカジノに限ったことではなく、日頃の教育が大切だと思う。
私も旅行などで将来カジノに行く機会もあるかもしれない。でも、私はギャンブルはしないので、華やかな雰囲気が楽しめればそれでいいから、他人のプレイを観戦するだけで十分。

2016年12月01日(木)トンカツ
おさらい会ではエネルギー不足にならないように、近頃、上野で食べるのがトンカツ。
アトレにある京都とんかつの「かつくら」で、おばんざい定食のヒレカツをオーダーする。
ご飯とキャベツが食べ放題だけど、出された分だけでお腹いっぱいになるので、惜しいことにおかわりしたことはない。
美味しいのに、11時30分頃に上野に着いてから店に行っても、待たずに席に座れることが多いので、私にはありがたい。
スタミナ切れ防止に、演奏前にチョコやおやつを食べるという方法もあるけど、しっかりご飯を食べたほうが、経験的にスタミナが持続する気がする。
もうすぐ本番なので、当日はリハーサル前におにぎりでも食べようかな。

2016年11月29日(火)これは革命!?
イギリスのEU離脱にアメリカの大統領選挙、大きな番狂わせが起こるこの頃だけど、これは番狂わせではなく、グローバリズムの曲がり角で、新しい時代への過渡期ではないかと思えてきた。
「これは単なる暴動ではありません。もはや革命です。」というような言葉が出てきた「ベルサイユのバラ」の一場面を思い出す。
今「ノストラダムス・コード」を読んでいるけど、ちょうどテレビ番組でも「クイーン・メアリー」をやっていて、ノストラダムスが出てくる。
この中で書かれているけど、ノストラダムスはマリー・アントワネットの逃亡失敗の予言をしていた。
マリー・アントワネット展に行けなかったのは残念だけど、そんな諸々から、もう少し、フランスの歴史もの、特にフランス革命に関することが読みたくなってきた。
そこで佐藤賢一の「小説フランス革命」全18巻を大人買いして読み始めた。18巻というボリュームに、果たして読破できるのだろうかと、先入観で恐れを感じていたけど、届いたモノを見たら、厚さにして「失われた時を求めて」より少ないのでちよっとほっとした。
自分なりに、この過渡期の時代生きるヒントが掴めるといいな。

2016年11月28日(月)スウィングに苦戦
風邪はいつもよりひどくはならずにほとんど回復してきた。
インフルエンザの予防接種をしておくと、普通の風邪も悪化しにくいと聞いたことがあるので、そのおかげかもしれない。
パーティーのプログラムにジャズっぽいものを入れたけど、日頃クラシックを弾いていると、スウィングがなかなか恰好つかない。
スウィングのリズムは直感的にわかるけど、これをヴァイオリンで弾くとなると、ちょっと勝手が違う。
原因はやはりボーイングかなと思う。ジャズっぽい音色にしようと思うと、一つの音の中でも弓のスピードが違う気がする。
カッコイイというイメージはちゃんとあるから、それに向けて調整していけばいいのだろうけど、クラシックとの大きな違いはノリの表現で、クラシック以上にテレが出てしまう。
いつも以上に自信と「なりきり」が必要だと痛感。

2016年11月23日(水)私も風邪か?
家族の肺炎は、少しよくなってきているけど、まだまだ具合が悪い状態だ。
そんななか、ついに家族の風邪がうつったのか、私の体調も少し悪くなってきた。
来月、あるパーティでの演奏で呼ばれているので、今のうちに治しておかないといけない。
プログラムはだいだい決まった。
ミュゼット(公開練習)をなるべく毎月やってきたおかげで、すぐに用意できる曲が増えているので、以前より選曲に困らなくなってきたのがうれしい。
これからも、音楽のことだけでなく、いろいろなことについて日頃から備えるようにしようと思った。

2016年11月19日(土)インフルエンザで肺炎
家族がインフルエンザの予防接種をしてから、なんだか咳がひどいので、病院でみてもらったところ、肺炎になっていた。
今までこんなことはなかったし、予防接種をするときは熱もなく、本人も大丈夫だと思っていたので、意外だった。
同日に予防接種を受けた私は全く問題ないのでよかったけど、予防接種は病原菌を注射するわけだから、これからは体調管理に気をつけなければならないと痛感した。
家族の体調が悪くなってきたときから、私は意識して早く寝るようにしている。
家の中で家族が咳で病原菌をまき散らしたとしても、私に抵抗力があれば大丈夫なので、免疫力を落とさないために、まず睡眠を確保した。
旅先でも近頃気をつけているのは、日中も休憩をとること。
喫茶店に入り、飲み物だけでなく、エネルギー不足で頭が働かなくならないように、何か少し食べる。
私は普段は間食の習慣がないので、つい忘れがちになるけど、9月に体調を崩したことに懲りて、旅先では、登山でいうところの行動食、ひらたくいえばおやつを持参して食べるようになった。

※これ以前は「総集編2016年11月〜」をお読みください。
泳ぐ鶏 yuko's HomePage (C) Saito Yuko