「トッカータ物語」へ
「不能の手紙」へ
「サイレント・ベイビー」へ
「カプチーノ カフチーノ」へ
「お姉さまコワイ」へ
「京香さまの秘密」へ
「ミランダ・パラダイス」へ
「お問い合わせ」へ
「yuko'sプロフィール」へ
「マンガ・イラストレッスン」へ
泳ぐ鶏 yuko's HomePage (C) Saito Yuko
2019年03月24日(日)intuos2
木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」を観ている。
先回の話は、60代のもと有名デザイナーをアシスタントに雇った話。
「年をとるとどこも雇ってくれない」と嘆かれ、仕方なく渋井は雇ったけど、雇われない理由は次第にわかってきた。
今、デザイナーはmacなどのPCで描くけど、この老人はPCが使えない、教えても憶えられない。
そのうえ、年下の先輩アシスタントに使い走りをさせようとする、といった、いわゆる老害。
もしかして、自分もそういうところがあるのではないかと思うと、半分は笑えなかった。
そう、ペンタブレットの挫折だ。
iPad Airは断念したけど、今、マンガをデジタルで描く人が増えているのは、気になっているところで、手描きの良さを主張したところで、デジタルで制作できない言い訳と思われても仕方ない。
内心、下手くそなデジ画でマンガエッセイを描いている素人がたくさんいるのを観ると、手描きで丁寧に描くのが損しているような気分にもなる。
でも、「描いたもの勝ち」というのもよくわかっている。
私は珠算1級だからこそ「今時ソロバンを習っても仕方ないよ」と言えるけど、「ペンタブより手描き」と主張は出来ないのだ。
そこで、ネット通販でwacomのペンタブを見てみると、随分、安くなっている。
PC関連は安くなって性能がアップするのが常だけど、woacomの2001年発売のintuos2は当時2万円もしたのに、今のペンタブは旧モデルなら5,000円台から買える。
再挑戦してみようかと、心が揺らいだ。
ペンタブはお絵かきアプリと同梱になっているけど、基本的には入力装置でしかない。
だから、フォトショップやイラストレーターがあれば、ペンタブだけでいいのだ。
ネットを徘徊しているうちに、「古いペンタブが動作した」というブログを見つけた。
もしや、いや、いくら何でもintuos2は古すぎるだろと思ったけど、一応ドライバを探してみた。
ドライバはあったけど、やはりwin7までで新しいのはない。
私の今使用しているPCはwin8.1、ああ、残念。
でも、こんなことはよくあることで、ダメもとでこのドライバを入れてみる。
intuos2が繋がった、使えるじゃん!!
使ってみて驚いたのは、iPadにスタイラスペンで描くより、はるかに性能がよかったのだ。
ペン先はピタッと思ったところに行くし、筆圧の加減もできるし、筆の速度に描画がついてくる。 intuos2を売ったり捨てたりしないでよかった。
勢いで新しいペンタブを買ってチャレンジしてまたダメだったら無駄金を使うところだったけど、intuos2が動くならとりあえずこれを使えばいい、という結論に達した。

2019年03月22日(金)iPad air
iPad mini5を今すぐ買おうという気が起こらなかった分、容量を犠牲にして64GBで10.5インチ(B5サイズ)のiPad airを5万円台で買うのはどうだろうか、とも考えた。
airを絵描きツールメインで使用するという目的だ。
ただ、タブレットで絵を描くことに挫折した原点は、20年近く前、wacomのペンタブレットのせいだ。
ペンタブレットはペンを走らせる板の部分に絵が表示されないので、PCのディスプレイを見ながら手許を見ないで描くことに慣れなければならないけど、慣れられなかったため、早々にお蔵入りしてしまったのだった。
一言でいうなら「じれったい、手で描いたほうが数倍速いし正確。」ということだ。
それから15年ほどして、iPad miniでは、画像に直接絵が描けるので、スタイラスペンを購入してみたけど、やはり挫折した。
理由は、ペン先と画面の微妙なズレが気になって、正確な作業ができない。
これも慣れなのだろうけど、慣れられず、普通に画材を使うほうがはるかに効率がいいので、次第に使わなくなった。
でも今回、iPad airという、今までより大きな画面で、もう少しましなスタイラスペンのアップルペンシルなら、思いどおりに描けるだろうか、というほのかな期待が湧いた。
B5サイズで640gというのは、常時持ち歩くには少し難がある。
A4サイズで330gのiPad miniですら重いので、最近はあまり持ち歩かず、iPod touchに戻った。
B5サイズともなると、手持ちのバッグで入るものも限定される。
少なくとも、レストランに行くようなバッグには入らず、重量の問題から革よりナイロンなどのカジュアルでビジネス的なバッグになる。
そもそも、出先でお絵かきするだろうか、するとしたら、ホテルや喫茶店などで、机がある落ち着いた場所しかない。
iPad miniを持ち歩く理由は、少しの時間のヒマつぶしと、友人に写真を見せたいとき、そして、旅先での資料の持ち歩きがメインだ。
その目的だと、iPod touchでは画面が小さいので、miniとtouchの中間サイズで200g以下のものがあれば一番いいのだけど。
だから、airを買うとしたら、「持ち歩き」用途は捨てることになるけど、そうであれば、絵描きツールとしてなら、もっと大きなディスプレイであるほうがいい。
そう考えるとairは中途半端だ。
学生がノートがわりに使うにはいいだろうけど、絵描きをしようとするなら、12.9インチ(A4)のiPad Proだけど、11万もするなら、PCが買える。
そこまで出して絵を描くか!? 所詮デジタル画像、それで仕事するわけでなし、遊びならminiでいいや、と戻ってしまう。
デザイナーとか職業で使うなら、そもそもmacとかになるだろうから、遊びで中途半端に浪費するくらいなら、miniという最低限でいいやと思うのだった。
手持ちのminiはアップルペンシルは使えないけど、手持ちのスタイラスペンで努力してもみないで、上位機種を買うのはまたwacomの二の舞になりそうだ。
そんなわけで、airも一瞬の気分の高揚で買いたいモードになったけど、すぐ醒めた。

2019年03月20日(水)iPad mini5
待望のiPad mini5が月末に発売される。
が、しかし、今使っているiPad mini2と比べて、6万円を出して買うほどの目新しさを感じなかったので、見送ることにした。
主な違いは、重さが331gから300.5gに、カメラが5メガから8メガに、容量128GBから256GBに、チップがA7からA12に、アップルペンシル1が使えるようになったこと。
ビデオは1080pHDのまま、私の持っているキャノンのデジカメでの撮影と同じフルハイビジョン。
要は少し前のiPadレベルになったなという感じだけど、この程度の違いなら、mini2でも十分使える。
容量が多いのは魅力だけど、どうせならアップルペンシル2を使えるようにしておけばいいのに。
このスペックでも、重量が200gだったら、買う気がもっとそそられただろう。
ということで、mini2のバッテリーがへたってきてから検討しても遅くないと思った。
もしくは、mini5が4万円台になったら、買い替えを考えるかも。
それより、iPod touchの新型はどうなったのよ〜!?

2019年03月19日(火)ブラックのヤセガマン
コーヒーをブラックで飲む人の多くが、実はヤセガマンだった、という記事をネットで読んだ。
そうかもしれない。
ブラックは大人で恰好よく、砂糖を入れるのは女子供だ、コーヒーの味を台無しにするダサイ飲み方だ、なんてこだわりを持つ人がいるのかもしれない。
私の飲み方はいろいろだ。
ケーキなど甘いお菓子とともに頂くときは、ブラックにする。
コーヒー単独で飲むときは、砂糖かミルクを入れる。
その時の体調や気分、食べあわせで、コーヒーの飲み方を変えている。
コーヒーをブラックでヤセガマンするような人は、お酒でもヤセガマンしてストレートで飲んでいるのかもしれない。
よほどの偏食でもない限り、飲み物にカッコ悪いものなんてないから、自分の好きな味のものを飲んだほうが幸せだよ。

2019年03月16日(土)変形膝関節症のその後
変形膝関節症のほうは、昨年末の激痛や、夜の眠れない痛みはもうほとんど無くなってきているけど、10分くらい歩くと痛む、1時間くらいデパート内をぶらぶらすると痛む、自転車に乗ると痛む、膝から脛を下に向かってビーン痛む、という症状はある。
一体いつまでこの痛みが続くのだろうか、もしかして、老人のように、このまま一生、痛みで足をひきずる生活になるのだろうか。
知人でやはり変形膝関節症の人がいて、「治らないから2,3回の注射で通うのは止めた」と言っていた。
ヒアルロン注射は今は2週間ごとで、最初から今回までで7回目になるけど、整形外科の先生に「治るよ」と言われて、とてもうれしくなった。
先生に「自転車で痛むというのは、サドルが低いからだろう」と言われ、すぐ自転車店でサドルの高さを直してもらったら、確かに今までのような苦痛はほとんど無くなった。
だから、このまま医師を信じていこうと思った。
ところで、だいぶ前だけど、朝に早起きをして30分くらいのウォーキングをしていたことがあったけど、結局、続かなかった。
理由は、意味なく歩くということが自分には向かなかった。
どこかへ行く、通勤するなどといった目的があれば、毎日同じ道を20分くらい歩いても気にならなかったけど、ただ歩くのは時間を無駄にしている気がして続かなくなる。
それと似たような理由で、ランニングもいつの間にか止めてしまった。
今は膝のせいでランニングはとんでもないことだけど、脚の筋力をつけるために、膝が痛まない範囲で歩かないといけないと思っている。
そこで、徒歩1分のスーパーに行くのに、遠回りして7,8分歩いて行くことにした。
工事で途中の橋が渡れないから、ということにでもしておけばいい。
遠回りコースでも、膝が痛くなる10分以下というのもいい。
雨の日や急いでいる時は遠回りはしないし、帰りは1分コースにしている。
一応、スーパーに行くという目的があるので、それほど時間の無駄感もない。
歩いてみて思うけど、家の中を歩き回ることは、屋外を歩くことの替わりには全くならない。
筋肉を使う量が全く違うことを実感した。