このサイトの文章・画像はすべて斉藤結子のオリジナルであり、著作権は斉藤結子に帰属します。
無断転載及び無断二次利用、二次創作を禁じます。
「yuko'sプロフィール」へ
「トッカータ物語」へ
「トッカータ物語」登場人物へ
「イラストギャラリー」へ
「生きている夢」へ
「不能の手紙」へ
「カプチーノ カフチーノ」へ
「サイレント・ベイビー」へ
「お姉さまコワイ」へ
「クロゼット閑話」へ
「京香さまの秘密」へ
「ミランダ・パラダイス」へ
ミランダ・パラダイス
オレ森山繁は、念願の店をようやく持てた。 この美容室は、オシャレな女性の究極の楽園。花と植物で癒しの空間を演出した。 だが、開店一週間、客は一人も無く、そうじをするだけの日々。 修業時代は鬼釜店長が店の汚れに厳しかった。あの恐怖は忘れられない。 昼メシは今日も一人空しく・・・ そういえば、明日、鬼釜が店を見に来るんだっけ。 ん? わ〜っ こんのぉ そうか、おまえもそうして客が来るのを待っているのか。 エサじゃなかったか。 桜エビ食うかな? きゃーっ エビありがとう。 なっ、なんなんだ、おまえは!? アタシはクモ、クモのミランダ。オマエ一人か、さみしいな。 大きなお世話だ、出て行け! 翌日、鬼釜が来た。お待ちしておりました。 ふん、まあまあね。 さあ先生、中へどうぞ。 友達連れて来ちゃった。エビ〜 エビちょーだい。 うわ〜っ 何よコレ!? ジャングル!? こんなんで客が入るわけないでしょ! あっいやこれは・・・ちくしょ〜ミランダのヤツ・・・ 店は確かに楽園と化した。女郎グモたちの・・・
泳ぐ鶏 yuko's HomePage (C) Saito Yuko