TOP

BACK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




*2012年秋のメゾンダール・パリでのプレゼンテーションテーマは、
 日本の、"漫画-MANGA"と、"ゴス-Gothic"!

メゾンダールパリでのCDセレクト展 。11/1(木) 17:00〜のレセプションには、
パリ在住若手アーティスト全員来られ、200人ほどの来客があり、賑やかな夜となりました。
 
 kisako kimoto/木本 起佐子
↑宇野亜喜良さんの作品はパリジェンヌにも人気! 好評裏に終了し、 最終日深夜祝杯!↑(ルカ•ルイズ撮影)
前列、パリ入りの、前列右は、大阪のギャラリスト、稲葉高志さん、三通治子さん。 左は主催のメゾンダール主宰、木本起佐子。


パリ在住の参加アーティストについて。

Adam KUAMBA(アダム・クワンバ)-パリの国立大学ボザールで修士を取得。日本文化に興味を持ち、2008年東京藝術大学に交換留学生として在籍。若冲に強く惹かれるという。今回紹介する「SEKAI NO BUTAMAN」は、バットマンのパロディ風アニメ。留学時代に見た東京の断片的風景を取り入れている。

Jean-Marc FORAX(ジャン=マルク・フォラックス)-パリの国立美術大学ボザール卒業。デッサン、水彩画、写真、ビデオなど多様なメディアで制作。日本映画をテーマにした作品も制作。パリのアートフェア、CHIC DESSINでは2011年最優秀賞受賞。日本には数ヶ月池袋に滞在し「地蔵」をテーマにしたアート本を、笹川平和財団から出版。パリの若手アーティストのJeune Creationの中心メンバーで、毎年企画展をオーガナイズ。

Lucas Ruiz(ルカ・ルイズ)-パリ有数の美術大学、Ecole Estienneで学ぶ。幼い頃から柔道を学び、日本の文化に興味を持つ。インクと細いペンを使って独自のイメージで描かれるドローイング作品は、"気"のエネルギーを感じさせる。主な展覧会は:2012 「Insenses Dessins 」(galerie Daniez& de Charette/パリ '10, '11)、ART FAIR CHIC dessin(Atelier Richelieu/パリ '11)など。

Jennifer CRINIERE(ジェ二ファー・クリ二エール)-パリ第8大学で美術を学ぶ。日本の漫画をはじめ、工芸、写真など、日本の文化から、創作の多くのヒントを得ている。版画、刺繍、ボールペン、鉛筆など様々な素材で実験的な制作を行う。

Sylvain ROYER(シルバン・ロワイエ)-パリ第8大学で美術を学ぶ。日本のアニメを愛し、手塚治虫やアイスランドの画家ERROにインスピレーションを受けている。グラフィカルで緻密な作品を制作。フランスの有名高級総菜店、Lenotre(ルノートル)のシェフと料理本プロジェクトも加わるなどパリで多方面で活躍中。

Valerie BELMOKHTAR(ヴァレリー・ベルモクタル)-パリの国立大学ボザールで学び、フランス、アメリカ、ベルギーで作品を発表。詩的な世界を絵画、版画、コラージュなど様々な方法で美と生命力を表現。日本の雑誌でも素敵なパリジャンヌアーティストとして紹介されている。"CHIC ART FAIR 2011"(パリ・ギャラリーメゾンダールより出展)。


★さらに、
メゾンダールは翌年の5月まで、パリのエロティシズム美術館にて、 大阪在住のアーティスト、谷敦志氏の写真展をオーガナイズ。 珠玉の作品約30点を展示販売。
(展示作品はこの美術館ではこれまで初めてとのことですが、数十点のリピートも含め、すべて完売いたしました。)
Atsushi tani 11/15 18:00-ヴェルニサージュ。18:30-フランスのテレビ局数社が取材に来られました。 あるテレビ局のレポーターの女性が何を思ったのか驚くことに突然トップレスに!
さすが、おフランス。
- photo by Jean- PAUL Vidal

*この展覧会は、今年、6月にメゾンダールパリでグループ展を開催しました時に、当美術館の方にご覧いただき、実現いたしました。 テーマや、作品のセレクト、展示シュミレーションはメゾンダールがさせていただき、額装や展示は、美術館のオーナーのジョーさんがされています。壁面は黒が似合うとのことで、白い壁を黒く塗り替えてもくださいました。
写真ですので展示作品のリピート販売もいたしました。日本の"ゴス"を匂わせる珠玉の作品、未発表新作や、フランスの大御所歌手、ミレーヌ•ファルメールに依頼をうけて、CDなどのプロモーションのために制作した作品(被写体は三浦悦子作品)も数点展示しています(こちらは版権あり非売)。

他の常設展示は、ジョーさんが世界各地を訪れ集めて来られた、珍しいコレクションです。2000点ほどお持ちで、そのうちの約1000点を常時展示されておられます。日本にも3ヶ月程滞在され、主に京都と大阪で、秘宝を見つけられたようです。ここ数年、日本のツアー客も急増しているとのこと。ぜひ、お見逃しなく。 パリのメトロ、Blancheの駅前です。 ぜひこの機会にお気軽にお立ち寄り下さいませ。



メゾンダール 木本 起佐子

retour