IARV情報(2017、6,20)

 いよいよ都議会選が始まりましたね。私たちNPO法人の所轄官庁である東京都議会であるだけに、小池都知事系会派「都民ファ−ストの会」は、どこまで自民勢力に食い込めるか、興味ある問題です。会員の皆様、お元気ですか。IARV情報(2017、6,20)をお送りします

1)BHNテレコム支援協議会総会報告:
 当会の友好NGO団体、「 BHNテレコム支援協議会」 の第19回総会が、6月15日、NTT上野ビル会議室で開かれました。議事は、5月28日に開催された当会の第14回総会とほぼ同様で、2016年度の事業報告及び決算、2017年度の事業計画及び収支予算などでしたが、BHNテレコム支援協議会は今年度が役員改選の年に当たるため、併せて役員人事も行われ、当会(IARV)理事のJA1CQT、中西洋夫氏が新たにBHNの理事に選任されました。これに伴い、従来同会の理事であったIARV理事長,JA1UT、林義雄氏はBHNの顧問に就任することになりました。 また、当会(IARV)関係者で、この総会に出席された方は、JK1KHT、木場義勝氏、JH1EMT、岩井仲一氏でしたが、他に当会会員のJA1PBV、伊藤寧夫氏、JH1XUP、前田吉実氏もBHNの会員です。

総会終了後、国連開発計画(UNDP)駐日代表、近藤哲生氏の「SDGsに向けてICTに期待すること」をテ−マに講演があり、国連サイドのわれわれに対する期待度が判り、興味ある内容でした。
注1.SDGs=Sustainable Development Goals(持続的開発目標):なお、SDGsについては、IARVの第14回通常総会開催のご連絡に、JICAのパンフレットを同封して、IARV会員全員の皆様に既にお送りしておりますのでご参照下さい。
注2.ICT=Information Communication Technology(情報通信技術) なお、UNDP駐日代表事務所(1979年設立)の業務は以下の通りです:
                                                  1.UNDPの主要ドナ−国である日本政府やJICAなどとの関係強化、ニュ−ヨ−ク本部や各国事務所との連携業務。
2.人間開発報告書、年次報告書など主要出版物の日本語版作成、イベントを通じた広報 活動。
3.日本における市民社会や民間セクタ−との連携推進。
                                以上