IARV情報(2017、5、30)

 日本列島は既に一部、梅雨入りのニュ−スも伝えられ、若葉の緑が深みを増す季節になりました。気候の変わり目ですが、会員の皆様、お元気ですか。本号では5月28日(日)に開催された「第14回通常総会」の報告をさせて頂きます。

第14回通常総会報告 特定非営利活動法人国際アマチュア無線ボランティアズの通常総会が下記のとおり開催されましたのでご報告いたします。

1.日時と場所:平成29年5月28日(日)14:00〜16:00、
   品川区立五反田文化センタ−第5会議室(品川区西五反田6−5−1)
2.正会員の総数および出席者数:平成29年5月1日現在の正会員総数、43名
   総会出席者数、32名(内、書面による表決委任又は議決書提出者23名)
3.審議事項:
   第1号議案 平成28年度事業報告・活動計算(収支決算)書
   第2号議案 平成29年度事業計画案・収支予算案
4.議事の経過及び議決結果:
 先ず、司会のJA1CQT、中西洋夫氏より、「本通常総会の出席者数が定款第27 条による定足数を満たした結果、当総会は成立した旨」宣言があり、議事に入った。 議長の選出:定款第26条によりJA1UT、林義雄理事長が議長に選出された。
第1号議案:JA1CPS、石塚忠信理事により平成28年度事業報告並び活動計算書(収支決算書)の内容について説明があり、次いで鈴木稔監事による 監査報告書が報告され、当議案は賛成多数で承認された。
第2号議案:林義雄理事により、平成29年度事業計画案、同収支予算案が説明され、賛成多数で承認された。
5.議事録署名人の選出に関する事項: 議長より本日の議事をまとめるに当たり、議事録署名人を選出することを諮り、JK1KHT、木場義勝氏、JA1BAB、鳥井達雄氏の2名が承認された。また、本総会の議事を記録するためJG1KGX、田代陽一氏が書記を務めた。

なお、議事開始に先立ち、司会の中西洋夫氏より、昨年末亡くなられた JA0HC、中田仁会員並びにJA1ANF、小森田克比呂会員 の両氏に対し、全員で黙祷してご冥福をお祈りした。また、総会終了後は、参加会員各自から近況報告やNGO情報の交換などがあり、和やか且つ有意義な時間を過ごすことが出来た。 一方、今年度の特殊事情として、世界各地で多発しているテロ事件に対処し、現地派遣会員の身の安全を最優先にして、如何に支援活動を実施して行くかなど、当会の 「危機管理体制」 に関する議論も熱心に交わされた。(なお、2010,Nov.20付け「IARV派遣専門家に対する危機管理マニュアル」をご参照頂ければ幸いです。) また、最近顕著になってきた中国のアフリカ地域に対する植民地化的支援活動に対し、如何に現地住民の方々の主体性と福祉を守り、且つ日本の国益を保持して行くか、その支援策実施戦略についても意見交換がなされた。
以上、総会の概要を説明させて頂きました。ご質問などありましたら理事長まで、どうぞ。