IARV情報(2016,09,25)

 ようやく秋の気配が感じられる今日この頃ですが、会員の皆様、夏の疲れは取れましたか。まだまだ、暑い日もありますから、どうぞ熱中症には十分気をつけて下さい。アンテナ作業やアウトドア−運用もほどほどに、常に十分な水分補給に心がけてください。 IARV情報(2016,9,25)をお送りいたします。

 (3)「グロ−バルフェスタ2016」:(再信) 国内最大級の国際協力イベント「グ ロ−バルフェスタ2016」(外務省・JICA・国際NGOセンタ−共催)が 10月1日(土)、2日(日)、お台場のセンタ−プロムナ−ド公園で開かれます。当会の友好NGO団体「BHNテレコム支援協議会」はじめ、大手NGO団体、開発途上国各大使館、海外青年協力隊の地域別OB会などがブ−スを開いていますので、お時間のある方はぜひ訪問して見てください。

2)3名の会員が西アフリカから帰国:  外務省日本NGO無償資金助成計画による事業名「サハラ砂漠の緊急無線連絡網の保守、点検のための技術研修会開催と既存無線局の補強作業」のため、8月2日から西アフリカモ−リタニア・イスラム共和国を訪れていた萩原政幸(プロジクト・リ−ダ−)、赤堀雅美(テクニカル・チ−フ)、逢坂勝(テクニカル・スタッフ)の3名の会員の方々が、9月2日、無事、羽田空港に帰着いたしました。一行は、モ−リタニア保健省のアハメドウ医師らの指導の下に、カウンタ−パ−ト、チシット文化福祉促進協会(代表:リマム・モハメド氏)の現地スタッフたちと協力して、現地人技術者の育成指導、ラジオ・ドクタ−・システムの補強作業などを行ってまいりました。