IARV情報(2016,4,22)

 ようやく暖かい日が続くようになったか思った矢先、熊本大震災が勃発してしまいました。皆様のお知り合いはご無事でしょうか。熊本市の元JARL九州地方本部長・理事のJF6MIT、宮川香枝子氏のお宅も壁に亀裂が入ると言う大きな被害を受けたとのことです。損害を受けられた熊本、大分のハムの方々に心からお見舞い申し上げます。
今年度最初のIARV情報をお送りします。

1)第40回理事会報告:
 平成28年4月12日、文書による第40回理事会が開催され、平成28年度事業計画案、同活動予算(収支予算)案が参加理事全員により異議なく承認されました。

2)内部監査の実施と第41回理事会報告
 次いで、同日の4月12日に鈴木稔監事と関義則監事による会計並びに業務監査が行われ、特段の指摘もなく無事終了いたしました。これを受けて、4月21日、文書による第41回理事会が開催され、平成27年度事業報告書(案)、同活動計算書(収支決算書)(案)が参加理事全員により異議なく承認されました。追って上記の各議案の内容は平成28年5月29日(日)に開催予定の第13回通常総会に向けて、会員全員の皆様へ郵送させていただきます。

3)今年度決算の特殊事情
 平成27年度決算の特殊事情としては、昨年10月より、萩原政幸、赤堀雅美、逢坂勝の3会員らが中心となって、外務省民間援助連携室に申請しておりました「モ−リタニア・イスラム共和国の既設無線連絡網の保守・点検に関わる研修会と無線網補強事業」に対する助成金申請が受理され、27年度末の3月23日に助成金11,901,842円が当会口座に振り込まれましたが、これにより、上記入金額に管理費の収支差額が加わり、平成28年度への繰越金は12,099,882円と大きな金額になりました。ただし、同事業は現地での実情調査が5月中旬から開始され、8月に、現地研修会の開催と無線網の補強作業が実施され、これらの資金は計画通り執行されることになります。詳しい数字の内容は、総会通知に同封して平成27年度活動計算書(収支決算書)をお送りいたしますので、どうぞご覧ください。

4)第13回通常総会の開催予定
 今回の開催場所は、従来のJICA地球ひろば(新宿区市谷本村町)が、当日JICAが主催する「NGOフェスティバル」のため、セミナ−ル−ムの予約が取れず、3年前に実施した品川区立五反田文化センタ−会議室で5月29日(日)午後2時から4時までの開催を予定しております。五反田文化センタ−は東急目黒線不動前駅またはJR山の手線五反田駅からそれぞれ徒歩6分です。

5)JARLの選挙結果
 日本アマチュア無線連盟の選挙が4月15日投票が締め切られ、社員に当会会員の関義則氏、安田晃央氏が当選しました。地方本部区域毎の理事選では、前田吉実氏(当会会員)が僅差で惜敗しました。また、次期埼玉県支部長には伊藤真義氏(当会会員)が無投票当選で決まりました。

以上