被害の声を寄せて頂ける方に改めてお願い。

保証人紹介業者による根拠のない請求を受けているという事例を沢山お寄せ頂いております。
それにつきましては、HPにて回答させて頂いておりますとおり、一切相手にする必要はないというのが
被害対策弁護団の見解です。
それよりも、よほど集めなければならない声があります。


それは、「なぜ、保証人紹介業者を利用してしまったか?」 です。


2011年9月、実体のない会社の源泉徴収票を販売し、在籍確認の問い合わせをした市役所の担当者に
「うちで勤務している」と虚偽の説明をしたとして、アリバイ屋が全国で初めて逮捕されました。


アリバイ屋とは、見ず知らずの他人を、「この保証人は私の親戚です」と嘘をついてくれる
保証人紹介業者と大変よく似た用途で、「この人は私の会社で働いています」と嘘をついてくれるものです。


アリバイ屋が逮捕されたのは、アリバイ屋を利用した人が、ウソの会社の源泉徴収票を役所に提出し
住宅ローンを組み 銀行から5600万円を詐取
したためです。


このような事件でアリバイ屋を知る人は、「アリバイ屋を使う人間は皆、役所や銀行を騙して詐取を
くわだてる犯罪者だ
」と思います。


しかし、実際には 無職のシングルマザーが就職活動のため、子どもを保育園に預けようとしたが、
保育園から、就労証明書を求められた。
 など


働くために子どもを預けるのに、子どもを預けるには働いていなければならないという矛盾を突きつけられ
その解決として、アリバイ屋を利用すると言った、普通の人たちがほとんどのはずです。


これは、就職するために住まいを借りるのに、就職していなければ住まいを借りられない。
住まいを得て就職したいのに、住まいがなければ就職できないという逃れられない矛盾から
保証人紹介業者に解決を求め被害に遭ってしまうものと同じ背景があります。


そして、保証人紹介業者にも、身元、収入などを偽って保証人を求め、多額のローンを組んだ後、
全く見ず知らずの保証人に全ての負債を被せて逃げてしまう
という事件がごく稀にあります。


そして、それらの事件から保証人紹介業を知る人は、アリバイ屋の時と同じく、こう思います。

保証人紹介業を使う人間は皆、役所や銀行を騙して詐取をくわだてる犯罪者だ」と。



もちろん、私はこれだけ多くの相談を受けてきて、保証人紹介業者を利用しなければならなかった
方のほとんどに、その様な意図は一切無いと信じています。


しかし、保証人紹介業を知らない人たちに、保証人紹介業の被害を伝え、

「私達は、犯罪者ではなく被害者だ」



と伝えるためには、保証人紹介業者の詐欺情報も確かに大事ですが、それに合わせて


「なぜ、保証人紹介業者を利用してしまったか?」



がとても大事な声となります。


保証人がいなくて困っている。と言う声は、自治体に反映され、様々な取り組みが模索されつつあります。


保証人紹介業被害を無くすため、なぜ、保証人紹介業者を利用してしまったか? をお寄せ頂きますよう


宜しくお願いします。



弁護士が電話相談時に使用している相談票を参考までに添付します。
このような形でご相談頂けるとはかどります。

http://hanhinkon.web.fc2.com/i/soudanhyou.doc


   保証人紹介業問題被害者の会 代表 鈴木俊志


           tuneki_kazuo@yahoo.co.jp

            電話 070-5553-4890



保証人紹介業問題被害者の会事務局
(被連協事務局内)


〒101-0047
東京都千代田区内神田

2-7-2 育文社ビル3階