オーディオ・ホームシアター風景が見える音の世界ホーム 
オーディオ・ホームシアター


文字サイズの変更: | | | 

映画『アトミック・ブロンド』(2017) 極限レポ

「東西は軍備を理由に疑い合っているのではない。互いを疑うから、軍備が必要となるのだ。ゴルバチョフ氏よ、東西を隔てる壁を崩すのだ。」と、ロナルド・レーガン大統領は、1987年6月12日にブランデンブルク門において行われたベルリン750周年記念式典のスピーチで、当時のソ連が推し進めていたグラスノスチ(情報公開)とペレストロイカ(政治体制の改革)を先導するゴルバチョフ書記長に向けて、東側諸国の自由拡大と、その転換方針の象徴ともなる壁を壊すようにレーガン大統領は呼びかけた。そして、その2年後の1989年11月に、本当にベルリンの壁は大衆の手によって崩壊していった。さらにレーガンはこの時の演説の中で、軍拡競争はやめて、核兵器廃絶への軍縮をも働きかけて述べていた。映画『アトミック・ブロンド』(2017)はレーガン大統領の演説ナレーションから始まり、「1989年11月にベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦は終結した。これは、その物語ではない」と冒頭は締めくくられる。

これはその物語ではない、とは粋な計らい。関西弁で言うなら、「おもろいやないけ」。傷まみれの女スパイことロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)はイギリス秘密情報部(MI6)の諜報員。氷風呂のバスタブからいかつい背中を見せるシーンがあるが、これから展開するであろう格闘シーンの数々を予見させるものだ。変幻自在に役作りを完璧に仕上げて来る超美人シャーリーズ・セロンが本作品に5、6年前から自身製作・プロデュースを温めて来たもので、これは半端ない女優魂の格闘アクションとして象徴すべきものとなっている。単なるスパイ・アクションではなく、命がけの格闘連続シーンは最早、映画の枠を超越していた。アクション女優スターもたくさんいるが、スタントも無しで、ワイヤー・アクションも無く、すべて自ら演技を貫いたようで、何がそこまで自分の体を追い詰めてまで激闘しなければならないのか、たぶんこれが本人の生き方だとしても、その凄まじい俳優魂は友人のキアヌ・リーヴスの影響もあって、お互いに分かち合って来たものなのだろう。わたしは『モンスター』(2003)以来ずっと彼女のファンで、心底から尊敬しており、大好きな姐御シャーリーズ・セロンであるが、この強さには人知れず深い勇気もあるのだ。

映画は音質や映像でほぼ価値のクォリティーが決まるが、物語としての真価も当然必要だ。だが、最も大事な要素は、誰が演技してゆくのかで、面白さや感動はガラリと変わる。壮絶なカーアクションも『ミニミニ大作戦』(2003)でドライブテクを身に着けたというシャーリーズ。凄まじい格闘から銃撃戦までスタイリッシュにこなす彼女の魅力は、徹底的な本気モードで全開してゆく殺気帯びた点だろう。そこには時にユーモアも入り混じり、身近な調理器具さえ武器にしてしまうジャッキー・チェン風仕込みのバトルもみられる。「ジェイソン・ボーン」シリーズのような、「007」シリーズのような、1989年当時のベルリン時代色を出すためにハンガリーのブダペストでロケを敢行してゆくなど、当時のベルリンの壁を復元するために地元のアーティストたちに協力してもらった、というのもなかなかいい。さて、ここではシネマ日記を書くわけではないので、ストーリー性や映画作品について、あれこれ評価するつもりはない。まだレンタルBDでしか鑑賞していないので、4月3日発売までは1回観た印象だけで書き留めておきたい。

ちょうど同じ時期に『ブレードランナー2049』(2017)もレンタル開始されたので、こちらも楽しみにしていたのだが、先に『ブレードランナー2049』を観て、後から『アトミック・ブロンド』を観たら、『ブレードランナー2049』のつまらなさは35年前の『ブレードランナー』(1982)と一緒で、やっぱり書く気にもならなかった。あらためて『ブレードランナー』(1982)を観て、その上で『ブレードランナー2049』BDを相当期待していたのだが、残念だった。音質・映像はすばらしいのだが、物語が古臭いままだった。これにはさすがにまいった。ライアン・ゴズリング主演にも期待し、リドリー・スコット監督にも期待していたのだが、あまりに期待値が大き過ぎて、風船が針に突かれて萎んだようなものだった。今の時代にそぐわない未来図の骨董品を見せつけられたような感覚だった。その後で『アトミック・ブロンド』を観たものだから、余計にこの違いにも衝撃的だったのだ。『IT/イット“それ”が見えたら、終わり』(2017)のほうがよほどまだマシかもしれない。『IT』がそれほど衝撃的ホラーとも思ってはいないが、『ブレードランナー2049』の進化の無さには、かなりの忍耐力で鑑賞しないと、うっかり眠り込んでしまいそうだった。『アトミック・ブロンド』には、『ドライブ』(2011)『ラ・ラ・ランド』(2016)のライアン・ゴズリングさえも顔負けだろう。トム・クルーズ似の凄腕アクション俳優にも変幻してしまうシャーリーズの気魄には、さすがにライアンも舌を巻いたに違いない。

そういった意味でシャーリーズ・セロンの『アトミック・ブロンド』は、手応え充分なオーディオ・ホームシアター鑑賞には持って来いの良い作品ではなかったかと思っている。音質、映像、アクション、これらは抜群だった。ただ、スパイ映画としての物語性においては、複雑なのか、わたしが耄碌して、ついてゆけなかっただけの話かもしれない。わかりやすく簡単明瞭な筋書きもあってもいいのではないかと思った。しかし、一場面一場面が単純なので、何となく面白くのめり込んでしまい、それがまたこの作品の魅力ではなかったかと分析している。今の北朝鮮とアメリカを見ているようで、平昌五輪をきっかけに韓国と北朝鮮が南側の融和政策で親しく外交路線(ほほえみ外交)を歩み始めた政治情勢とも重なって来ているので、余計に面白い気がしている。2018年3月9日付けの報道では、早ければ5月内にも米朝首脳会談が行われるかもしれない運びになったようで、まさに「おもろいやないけ」である。

独裁国家の偏屈男と、自由主義と銃社会を野放しにしたい偏屈男との、ガチンコ勝負やないかい。ロケットマンVSツイッターマンの試合やでぇ、おもろないわけあらへんがな。互いに核兵器の非核化軍縮に向かおうではないかとする交渉なんやろ、大いにやったらええ。「非核化」は人類生存のためにも美しい言葉のひびきやないか。昨日の敵は今日の友やで。似た者同士の偏屈男タイトルマッチや。人をアッと驚かすのもよう似てはるワ。二人が急接近して仲良しにでもなったら、ロシアも中国も呆気に取られて茫然やな。まるで芸能界並みの大騒ぎ祭りやな。中東の内戦もテレビに釘付けやあらへんか。銃弾の音も爆撃音も消えて、しばらく静まり返るんとちゃあう。みんな茫然とするな。平昌五輪でこの二人のそっくりさんも肩並べて歩いてたやん。けどなあ、どないやろ。いやいや、そんなん夢物語やでぇ。あらへんあらへん。金正恩とトランプ米大統領が晩餐会でニヤニヤしながら乾杯するかア~、ないない。けど、この二人みてたら、案外とやりそな雰囲気持ってんで。プーチンの思惑も外れるな。習近平の困った表情も見えて来んでぇ。

日本の安倍晋三首相はやなあ、八方美人やからな、まあ下に見られるわなあ。「誰に?」「きまってるやないか。金正恩からもトランプからも下に見られんねん」「ちゅうことは、あたしら日本人も下に見られるのん?」「そんなん当たり前やないか。韓国も北朝鮮も誰が日本を上向いて仰ぐねん。アメリカかて同じやでえ。沖縄見てみイ。あんな可哀想なこと平気でやってんねんやでえ。アメりカが日本を対等に見てると思うたら、そりゃ大間違いやで。日本はアメリカの植民地と変わらへんねん。対等と思ってんねんは、晋三はんだけや。ワシはアメリカの植民地にはなっとらんけどな」「あんた。いつから土地になったん?」「ワシは植民地にはならん。土にも土地にもならんでぇ」「あんた、土に見えてきたワ。ほんま、顔に泥ついてんでえ」「アホ言いな。そう土、土言いな。泥でもない。ワシは泥でも土でもあらへんがな」「わかった。あんた、土座衛門やな」「ええ加減にしいや。ワシは死んどんか。死んでへんでえ。こないに死体がしゃべるかあ?」「しゃべる死体もあるでえ」「うそ?」「上野正彦の本に『死体は語る』っちゅう本があんねん」「どっかでよう聞いたなあ。あれはちゃうねん。語らへん、語らへん。死体は語らへんでえ。検視官の話やないか。変死体を検視する話やないか。死体がしゃべったら、おかしやろ。なんで、そんなややこしい話すんねん?」「あんたのおでこになあ、白い三角頭巾が見えてんねん。ほんま、あんた、土に帰ってもうて、かわいそうになあ」「こら!ええ加減にしいや。オレは森友学園の掘り返した土ちゃうぞ」「ほんまに、ゴミあって、8億円も値引きしたんやろか。どんくらいのゴミやのん?」「8億円分のゴミいうたら、東京ドーム1個分か、そんなもん見当つかへんって。あの新校舎、ゴミの山で隠れてしまいよるで」「どないなんの?」「知らん。ワシ、そないに土掘ったことないもん。あかんあかん、キツネとタヌキの化かしあいばっかやもん、日本の国会は。もう、えーで」
余興はここまで。

(2018/03/12)
TOP


Prologue
ドルビーアトモスやDTS:Xを完備した映画館では、なぜ不快なほど高域ばかりに包まれた耳障りな音響に包まれてしまうのだろう。いったい気持ちのいい低域はどこに消えてしまったのだろうか。けたたましい残響音の原因は、きっと館内のPAアンプかAVアンプの性質に原因でもあるのではなかろうか。300席の広い空間を満たす音響設備は確かに360°のサラウンドと上から来る体感音場を実現するかもしれないが、なぜか心地いい低音が不在がちなのはどうしてなのか。

仕事がら、いろんなアンプを聴いて来たので、つい、どうしても音質が気にかかってしまうのだ。わざわざ遠くのドルビーアトモス完備の映画館まで足を運ばなくても、自宅のオーディオアンプであつらえたホームシアターのほうがよほどしっくり来る。何度映画館で観賞しても、同じ映画を自宅のオーディオ・ホームシアターで体感したほうが感動してしまうのはどうしてだろう。むしろ狭い部屋(十畳)だからこそ、臨場感と自然な音域が繊細に満たされるのかもしれない。マーティン・ローガンのスピーカーが27年間も現役であるのも奇跡で、これが最も功を奏しているのだろう。もちろん映画の大半はブルーレイで観賞。ディスクの世界ではDTS:Xよりもアトモスのほうが少し凌いでいるように思われる。特に最近の大作映画には圧倒されがちだ。最近自宅で観た 『ワンダーウーマン』(2017)の3Dブルーレイは最高の映像と音質であった。自宅の音響機器にはまだまだ課題がいろいろあるが、映画の魅力はこれからもずっと尽きないに違いない。そして映画館でも鑑賞した『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(2017)も大変面白かったから、BDが販売されるのもとても待ち遠しいところだ。

(2018/01/09)
TOP

文・古川卓也





制作・著作 フルカワエレクトロン