新・美術散歩トップホーム
シャーロット・ファッション
Charlotte Fashion
文字サイズの変更: | | | 







写真 シャーロット・ファッション
モデル:シャーロット(Charlotte Groeneveld)

THEFASHIONGUITAR
写真 写真 写真





シャーロット・ファッション
ファッションは服飾文化である。ファッションモデルは歩く芸術作品である。身に着けている服装のみならず装飾類すべてが作品となる。頭のてっぺんから靴先まで、すべてが歩く芸術作品である。ブランドにはブランドの形が示すように、世界に一つだけのフォルムを成す。ブランドを使いこなすためには、それが日常の暮らしのなかに溶け込んでいなければならない。ブランドは見栄を張って飾るものではなく、日々の暮らしと共に使いこなしてゆくべきものである。擦り切れて良し、たとえ壊れても、高貴な存在でなければならない。その高貴さこそ、使い続ける人のなかに宿るスピリッツというべきものであろう。高貴な心が物質に負けてはならぬのである。

ファッションモデル、シャーロット(Charlotte Groeneveld)には、恵まれた容姿をこれまで充分に活かして来ただけでなく、十代の若い頃から自分のなかにひそむファッションへのこだわりがとても強いばかりではなかったようだ。それは夢中になればなるほど、おそろしいまでに深く勉強して来たのではないかと思われる。ブランドの一つを身に着けることで、他はあえてカジュアルな、リーズナブルなものでもよかったようだ。洗練されてゆくファッションセンスが少しずつ形にあらわれて、年齢を徐々に重ねてゆくうちに自在なニューモードにピッタリな色彩や中間色のこなし方が上手に思えるのはわたしだけではあるまい。空間をモノクロにしても、ファッションになる要素は輝くのである。さまざまなサングラスが見事に一体となるのは、彼女が本来持っている蠱惑の魅力からであろう。

2010年から2017年に作られていった自身のブログTHEFASHIONGUITARは、実に誠実なファッション日記のように読んでいて楽しい。オランダ出身のシャーロットがロンドンに住み、やがてニューヨークにも移り住み、今度はパリに移住、といった人生の流れには、結婚、二児の母、子育て、ファッションの仕事と、実に多忙な時間を日々送るなかで、可愛らしい男の子と女の子の写真が少しずつ増えて、パパと仲の良い写真も出て来るのは、何とも微笑ましい日常と自身のファッションとがミックスされて、とても幸せに包まれていることがよく伝わる。ファッションの原点は人を明るくさせ楽しませてくれることである。たった一つのブランドが作る価値観は、物質の領域を超えて、人の魂に生甲斐を与えるものなのかもしれない。このステキなスピリッツにわたしは「シャーロット・ファッション」と名付けた。

(2020/08/03)

文 ・ 古川卓也









制作・著作 フルカワエレクトロン

TOP