FF3(FC) バグでキャラ強化


§0

FC版FF3でアイテム関連の各種バグを利用して、キャラ強化を目指す。
また、有効なアイテムの生産法も考える。
バグジョブコマンドによる効果(戦闘リセット、オープニング飛ばし+究極の飛空挺など)
は考えない。


§1 各要素の育成法

§1−1 レベル

前3人は、レベル1の状態で、
リリスの口づけドロップでのアイテム99個バグで、191までは増やせる。
ポーションでも167まで上げられるので、こちらでもかまわない。
レベルが既に2以上ある場合には、アイテム消費バグで1に戻す必要がある。

その後は、たまねぎ剣士の状態でアイテム32越えバグでジョブを変えることで、
1ずつ上げることができる。
たまねぎ剣士の熟練度が低いとキャパシティを消費するので注意。

た5(255)まで上げた後にさらに上げると、0になるが、内部的にはこちらのほうが上。
ただし、戦闘勝利時にレベルアップして1に戻ってしまう。

4人目は普通に経験値を稼いで99にするしかない。


§1−2 最大HP

前3人については、まずレベルを上げて最大HPを199にし、
アイテム消費バグで白の香りを使えば65479になる。
既に最大HPが199より大きい場合には、
まず、最大HPを256の倍数+消費アイテムのIDにすれば、
アイテム消費バグで0にできるので、そこから199まで上げればよい。

アイテム消費バグの性質上、2人目の最大HPが65479だと
3人目の最大HPは白の香りによるアイテム消費バグでは上げられないので、
3人目から順にあげるのが好ましい。

ここまではレベルの操作が必要なのでレベルを最大にする前に作業をする必要がある。

HPを65479にした後は、現在HPを256未満にして、
アイテム99越えバグで1ずつ上げることで65535まで上げることができる。
ちなみに65535よりさらに1増やそうとすると、65280になってしまう。

4人目については普通にレベルを上げて9999まで増やすしかない。


§1−3 熟練度

1人目のたまねぎ剣士の熟練度さえ上げれば、後はジョブ変化と熟練度変換で、
全員全ジョブの熟練度を同じ値にすることができる。
1人目のたまねぎ剣士の熟練度を上げるには、
一度、たまねぎ剣士の状態で、アイテム32越えバグで消費アイテムをジョブに埋め込むことで、
一時的にたまねぎ剣士をやめた後に、アイテム32越えバグで白の香りを熟練度に埋め込み、
その後にアイテム消費バグでたまねぎ剣士に戻すという手順が必要。
(たまねぎ剣士のままだだと、熟練度にアイテムを埋め込めない)

白の香りを埋め込んだことで、熟練度は200になるが、
さらに上げるには、アイテム99個バグで、最大HPが256未満の状態でアイテムを埋め込み、
1ずつ増やすという作業が必要になる。
この作業により最大HPが256以上になってしまうが、
最大HPを再び最大HPが256未満にするためにはアイテム消費バグを使う。

具体的には、まず、最大HPが166か0の状態にし、
オニオンソードのドロップによるアイテム99個バグで最大HPを14758にすると同時に熟練度を1つ上げ、
ポーションのアイテム消費バグで最大HPを0に戻す、という作業を繰り返す。
オニオンソードでなくてもよいが、アイテムIDが小さいほうがアイテム消費バグの作業を少なくできる。
例えば、オニオンソードでなくポーションのドロップを利用すると最大HPを0に戻す作業が3倍近くになる。

熟練度がた5(255)の状態でさらに熟練度を上げると0になるが、内部的にはこちらのほうが高い。
ただし、戦闘終了時に熟練度が上がって0に戻る可能性があるので、安定を取るなら避けるべき。
さらにいえば、熟練度た5(255)と0にダメージ計算等での実質的な差は無い。

一人目のたまねぎ剣士の熟練度をた5(255)にした後は、アイテム99個バグによるジョブ変化を繰り返して
他のジョブの熟練度もた5(255)にする。
さらに変化を繰り返すか、ミスリルナイフ、円月輪をアイテム32越えバグでジョブに埋め込んで、
二人目以降の熟練度も上げていく。

また、熟練度がた5(255)になると、力99で攻撃力が高い武器(オニオンソード、ラグナロク、手裏剣)を
装備すると、逆に攻撃力が下がってしまう。
ナイト、魔剣士や忍者は円月輪を装備すればよい(無属性なのでラグナロクより都合がよい)が、
たまねぎ剣士はそうもいかない。
そのため、他ジョブの熟練度を上げたら、たまねぎ剣士の熟練度を一旦1に戻した後に
99まで上げ(与一の矢埋め込み後に普通に上げるのが早い)
そこからさらに上記方法で125まで上げるのがよい。
熟練度125の力99のオニオンソード装備で攻撃力255になる。

最大HPを操作する必要があるので、1人目の最大HPを上げる作業より前に行う必要がある。

流れとしては、
1人目の熟練度たまねぎ剣士の熟練度を255まで上げる
→全員のジョブの熟練度を255にする
→1人目の熟練度たまねぎ剣士の熟練度を125まで上げる
→全員のたまねぎ剣士の熟練度を125にする
→最大HPを上げる
→レベルを上げる


§2−4 その他のパラメータ

経験値については、前3人は基本的に上げる必要はないが、他のパラメータを操作する際に勝手に上がることが多い。
また、アイテム99個バグで名前が勝手に変わらないように65536以上にしておいたほうがよい。
元の経験値が256以下なら、アイテム32越えバグで適当なアイテムを埋め込んでおくとよい。

最大MPも増やせるが、ジョブチェンジでリセットされるので基本的には上げても意味がない。
ただし、後ろのキャラに対してアイテムを埋め込みたい場合に、
値0のデータを無くすために、アイテム32越えバグで適当なアイテムを埋め込んでおくとよい。


§3 冒険計画

*以下の内容には机上の空論の部分が含まれているので注意。

§3−1 命名

アイテム消費バグによる事故を防ぐため、4人目以外の名前の、
1,3,5文字目の文字IDが消費アイテムと被らないようにしたほうがよい。
平仮名の「へ」〜「ん」、カタカナの小文字、「!」、「−」は注意。
特に「へ」はポーションのIDと被るので避けたほうがよい。


§3−2 スタート〜ジン撃破

前3人はあまり経験値を稼がず、255以下にしておく。
先頭キャラのたまねぎ剣士の熟練度が上がらないように、
14回行動分だけ戦って、後は前後に移動するだけにしておく。
1人目のキャラが何回行動選択したかを覚えておくとよい。
前3人は祭壇の洞窟をクリアした後に赤魔道士にする。

以後しばらく、4人目がメインで戦闘をこなし、他の3人は死亡状態にしておく。

まず、資金調達のために洞窟や城からギルを回収し、
その金で目薬と皮の帽子を99個購入する。
ミスリル鉱山で、目薬ドロップで皮の帽子をオニオンヘルムにアイテム変換し、
売却して資金にする。
白魔道士のケアルで戦うとよい。

資金ができたら、ポーションを99個にし、祭壇の洞窟1F右の隠し部屋で、
ポーションドロップからのアイテム変換を狙う。
ポーションは最大3個までドロップするので、アイテム変換候補は3つ用意するとよい。
買えるものから変換する場合は99個用意するのが基本。

最優先は杖から4回変換してゴーレムの杖。
ゴーレムの杖ができた時点で、全員に両手に装備させ、残りをルーンの杖に変換する(1回変換)。
次点候補としてゼウスの怒りからボムの右腕、毒消しからラッコの頭など、
余裕があれば皮製品からオニオングッズなども作っておく。

ルーンの杖ができたらジンは簡単に倒せる。


§3−2 ジン撃破後〜火のクリスタルまで

楽に冒険を進めるために、アイテム32越えバグを使ってボムの右腕増殖しておく。

アイテム32越えバグ使用の際は木の矢と聖なる矢を20本ずつ
ルーンの杖と皮の盾を計30個程度、皮の帽子を99個用意し
あとはナイフ、ダガー、杖、ミスリルナイフ、ミスリルロッド、毒消し、
目薬、やまびこそうを3個ずつ用意。
皮の帽子はアイテム欄の先頭に配置。木の矢は2番目に配置。
前3人はゴーレムの杖を両手に装備する。あればアイスヘルムも装備。
全員赤魔道士で生き返らせておく。
戦闘では、
 1、1〜3人目がナイフを使う
 2、4人目で装備変更でアイテム欄いっぱいにする
 3、キャンセルして1人目に戻す
 4、他の3個のアイテムでも1〜3の手順を繰り返す。
 5、先頭二人は逃げるを選択
 6、3人目が木の矢を使う
 7、4人目が木の矢を装備する
 8、キャンセルして3人目に戻す
 9、3人目が聖なる矢を使う
10、4人目が木の矢と聖なる矢を装備変更
11、キャンセルして3人目に戻す
12、6〜11を繰り返す(3人目の魔法コマンドでレベル8が表示されるまで)
13、3人目の魔法コマンドでレベル8まで表示されていたらボムの右腕を使用
14、4人目で装備変更でアイテム欄を埋める
15、キャンセル
これで皮の帽子がボムの右腕に変化するはず。

この作業によって、前3人の経験値と熟練度、最大MPが上がる。

以後はボムの右腕とルーンの杖を駆使して、冒険を進める。
アイテムを落とす敵が出るところでは、ついでに変換を狙うのもよい。
ハイポーションが買えるようになったら変換してエリクサーを作っておく。

§3−3 オーエンの塔後

ギサールに行けるようになったら、この時点でのアイテム変換では手間のかかる、
ラグナロクとオニオンソードの入手が容易になる。

ギサールの野菜を1つ持った状態で、
全員を生き返らせて、1人目をたまねぎ戦士にし雑魚戦をする。
野菜を使う→アイテム欄埋める→キャンセル→逃げる。
バグったコマンドは入力しないように注意。
二人目の装備を外して、先頭キャラのジョブ一覧を見る。
この時、二人目の武器がラグナロク:0に変化するので、
それを外して一つ売りラグナロク:た5にする。
今度はギサールの野菜を2つ持った状態で、
野菜を二人使う→アイテム欄埋める→キャンセル→逃げる。
そしたら、二人目の武器がオニオンソード:0に変化している
ので外して一つ売る。

ラグナロクを入手した後はナイトの火力で押していく。
防御面に不安があればたまねぎ剣士でもよい。
水の牙を変換し、ノアのリュートを作り、海底神殿をスキップしてもよい。
ただし、エンタープライズを爆破せずに、サロニアをクリアするとノーチラスに乗れないので注意。

ドーガとウネを温存するためにシルクスのカギとエウレカのカギを作っておく。
ギサールの野菜と、土の牙から数回の変換して作るか、
時の歯車と、ノアのリュートを入手時に増殖しておいて温存し、
使用後に変換する方法の2通りがある。

シルクスのカギの使用、エウレカで忍者と賢者の称号をとり、
買い物も済ませたら本格的に育成に入る。


§3 ステータス上げ

流れは
まず、1人目の熟練度を「さ0」(200)にする。
次に、3、2人目の最大HPを65479にする。
そして、2、3人目のレベルを「こ1」(191)または「け9」(189)にする。


 1人目の熟練度上げ+2,3人目の最大HP上げ

まず、準備として白の香りを一つ用意する。
白の香りは宝箱から取るか、羊の枕を盗んでアイテム変換して手に入れる。

先に1人目のたまねぎ剣士の熟練度を上げることにする。
全員生き返らせ、1人目をたまねぎ剣士(熟練度1のまま)にして、石にしておく。
白の香り一つと、ポーション2個を用意する。
戦闘を開始し、以下の手順を踏む。
 1、2人目が白の香り選択
 2、3人目がポーション選択
 3、4人目が装備変更でアイテム欄を埋める
 4、コマンドを全部キャンセルする
これで、アイテム32越えバグにより、
1人目のジョブがID:166のバグジョブに、熟練度が「さ0」になる。

次に、以下の手順で1人目をたまねぎ剣士に戻す。
 5、アイテム欄を一つ空けて、ポーションを2つ入手する。
 6、2人目と3人目がポーションを選択する。
 7、4人目が装備変更でアイテム欄を埋める。
 8、そのままターンを開始して、ポーションを使用する。
アイテム消費バグにより、ポーションを使った分だけレベルが下がり、
レベルが1になるとたまねぎ剣士に戻る。
この一連作業は、シーフでポーションを盗めば1戦で済ますこともできる。
そうしない場合は、ポーションを購入しては戦闘を繰り返す。

これで1人目のたまねぎ剣士の熟練度が「さ0」になる。
1人目の石化を治して、
1人目のレベルを上げて、最大HPを256丁度か、256+消費アイテムのIDにする。
消費アイテムとしてはポーションは避けたほうがよい。
同時に十数回防御させて熟練度経験値を0にしておく。
0になった後は前進、後退のみを行う。
最大HPが目標まで上がったら、現在HPを256以上、最大値未満にする。
現在HPは当面この状態を維持する。

ポーションでアイテム99越えバグをし、熟練度経験値をポーションのIDにする。
一度、1人目のジョブ選択を見て熟練度を確定しておいたの後に、
円月輪、サーペントソードを使ったバグジョブの熟練度変換で3人目のたまねぎ剣士、
2人目のシーフの熟練度も同じにしておく。
4人目を賢者にする。
3人目に対してギサールの野菜を使ったバグジョブの熟練度変換で4人目の右手にポーションを装備させる。

ついでに4人目の腕装備から白の香りが確保できるので、2、3人目の最大HPを上げておく。
3人目のレベルを上げて、最大HPを丁度199にする。
アイテム消費バグで、最大HPを65479に上げる。
このとき、現在HPを199から減らしておくこと。
また、このときは1人目を熟練度がさ0でないジョブに変えておくこと。
同様にして2人目の最大HPを上げる。
3人目を先に上げるのが重要。

2,3人目のレベルをアイテム消費バグで1に戻し、アイテム99個バグでレベルを上げる。
まず、アイテム32越えバグで、ジョブにポーションを埋め込み、
手に持ったポーションを使い続ければレベルは1に戻せる。

デスクローを分裂で倒し、ブラックホールかリリスの口づけを落とさせるのがよい。
あらかじめ、1人目、2人目を赤魔道士(いずれも熟練度0)にして、
ゴーレムの杖二刀流にアイスヘルム、ダイヤの腕輪を装備した状態で、
アイテム32越えバグで1人目と2人目の熟練度と最大MPを上げ、
MPを回復してから作業をする。
100体ほど倒せばほぼ確実に手に入るはず。
ハイポーションが埋め込まれないように注意。


2人目をシーフにする。
1人目に対してギサールの野菜を使ったバグジョブの熟練度変換で2人目の右手にポーションを装備させる。
白の香りはまだ使うので、いくつか確保しておく。装備したままにしておくのもよい。

アイテム消費バグで1人目の最大HPを0にする。

これで準備が整ったのでクリスタルタワーに行く。
オニオンソードは99個持つ。
ポーションを一つ持つ。
アイテム欄は一杯にする。武具も用意しておく。
後は以下の作業を繰り返す。

1、1人目をたまねぎ剣士にして、小人+石化させる。2人目、3人目も石か死亡状態にする。
2、オニオンソードのドロップでアイテム99個バグを起こし、1人目の熟練度を上げる。
3、味方の石と死を治し、1人目(小人)は戦士にジョブチェンジ。
4、4人目の手のポーションを使ったアイテム消費バグで1人目の最大HPを0にする。

ドラゴン系はレアだが、エンカテーブルを水域接触で調整すれば手間は省ける。

以下詳細略。
1人目のたまねぎ剣士の熟練度がた5になったら、ジョブ変化を利用して他のジョブ、他人の熟練度も同値にする。
1人目のたまねぎ剣士の熟練度を0にして、戦って1に戻す。
1人目のたまねぎ剣士の熟練度に与一の矢を埋め込み、同様にして125(う5)まで上げる。
アイテム32越えバグでミスリルナイフや円月輪をジョブに埋め込み、2〜4人目のたまねぎ剣士の熟練度も同値にする。
1人目の最大HPを65535にする。
アイテム99個バグで1〜3人目のレベルに適当なドロップアイテムを埋め込む。
アイテム32越えバグで1〜3人目のレベルを255(た5)まで上げる。